面接でいかにアピールできるかが新入社員での転職の鍵です

 

新入社員で転職しようと考えても色々とリスクやハードルが高いように感じられると思います。私も新入社員で転職を考えた時はそうでした。

 

最近は入社3年以内での離職率が30%と言われる時代ですので、入社早々に転職を決意することは珍しいことではありません。

 

しかし、先輩や上司など会社関係の人達に相談を仰ぐことは難しいので私の場合は転職サイトに登録したり、転職をサポートするプロのアドバイザーに相談しながら希望する企業を絞り込んでいきました。

 

そもそも転職を決意した理由ですが、大学4年生の就職活動中に友人達の多くが内定を獲得している状況で中々内定を勝ち取れなかった為、非常に焦りを感じていました。

 

そこで希望していた業種や部門ではない企業を中心にエントリーを重ねて内定を獲得し、そこで安心してしまって就職活動を終えてしまいました。

 

入社して直ぐに研修が始まりましたが、会社の仕事に興味や情熱を持つことができず、私が本当にやりたかった業種や部門で働きたいという気持ちが日に日に高まっていきました。

 

このままでは就職先に失礼ですし、私もこの会社で働き続けることは難しいと感じた為、上司の同意を得た上で入社1年で退職することになりました。

 

私の行動を目の当りにした友人たちは驚いていましたが、私の選択は間違っていなかったと思います。

 

諺で石の上にも三年という言葉がありますが、全く興味も意思もない中で三年働いても得るものはないように感じます。その後、約1年に渡る転職活動を経て希望する業種・部門のある会社に入社することができました。

 

この新入社員での転職というエピソードは面接試験で大きくアピールできる点になります。ここをしっかりとアピールできないと入社1年持たずに直ぐに会社を辞めてしまう人とも見られかねません。

 

本当にやりたいことが御社の中にあるので是非挑戦させて下さいといったような力強い言葉でしっかりとアピールしてみて下さい。

 

社会人生活は長いですので1、2年の仕切り直しは楽に取り返せますよ。

 

※参考サイト:新入社員で辞めたいあなたへ