社会人経験を積み諦めないこと

 

新入社員が転職をする際に、どうやって転職したらいいか分からないと思います。

 

私も新入社員で初めての転職をしようとしたときは何をどうしたらいいのかわからず、なかなか転職活動がうまくいきませんでした。

 

私は、新入社員が転職で成功する為には、社会人経験の年数を積むことと転職が成功するまでの諦めない気持ちが必要だと思います。

 

まず、社会人経験の年数についてですが、新入社員で入った職場はあなたがやってみたい、この職場でずっと働いてみたいと思って入った会社のはずです。

 

思っていた会社や仕事と違う、人間関係に疲れたなど人それぞれ理由はあると思いますが、石の上にも3年ということわざがあるように、その仕事をまずは3年以上やってみることです。

 

私は早期に退職して、次の就職先にたどり着く前に苦労しました。やはり企業は忍耐がない人を雇わない、また辞めてしまうのではないかと思うからです。

 

転職する日のことを考え、退職する間にやることはいろいろあります。

 

まず、定期的にどんな仕事をして何が身についているのかということを客観的にノートなどにまとめ、自分の経験を職務経歴書に記入して作っていきます。

 

ある程度できたら、次の職場に行って何ができるかなど客観的に何がアピールできるか、本や転職サイトを参考に履歴書や職務経歴書など必要な書類の作り方やアピールの仕方を学びます。ある程度の書類ができたら、転職サイトの添削を受けるなどして、ブラッシュアップしていきます。

 

書類作成には時間がかなりかかります。転職したことがない新入社員の方にとってはなおさらです。なのでまずは書類作成をすることが大切です。

 

次に転職が成功するまでの諦めない気持ちについてですが、自分の条件を満たす求人と出会えるかはタイミングがあり、長期戦になる可能性が高いからです。

 

転職をすると決めても、自分の条件を満たす求人があるとは限らず、条件が悪くなる転職はする意味がありません。

 

また、いい求人に出会えても何度も不採用になることもありますし、なかなかうまくいかないこともあります。
その時に諦めない気持ちが必要なのです。

 

転職を成功させるには、ある程度の社会人経験を積むこと、諦めない気持ちを忘れずに、常にアンテナを張り続け、チャンスを待ち続けることが新入社員が転職に成功する秘訣ではないでしょうか。