新人ケアマネージャーが転職を考えたとき

 

ケアマネージャーが就職してすぐに職場環境や待遇への不満を抱き、転職へと舵を切ることがあります。

 

しかしながら、いざ転職活動をするとなると何から取り組んでいいのか分からないこともあるでしょう。

 

私自身も居宅介護支援事業所へケアマネージャーとして就職して、1年経たずに他の居宅介護支援事業所へ転職した経験があるので、就職してすぐに転職することの難しさは重々承知しているつもりです。

 

そこで、皆さんの役に立つかは分かりませんが、私が実際に就職してすぐに転職をして感じたポイントについて、以下にいくつか例示してみることにします。

 

まずは、質の高い情報をどうやって集めるかが一番大切になると私は考えます。

 

求人誌やインターネット、ハローワークなどから求人情報を得ることがスタンダードだと思いますが、それに加えて実際に自分が希望する現場で働いている知り合いや同業者からの紹介も、質の高い情報収集をするうえでは有用だと考えます。

 

自分に適した情報収集の手段を早い段階で確保すると良いでしょう。

 

また、転職する理由をクリアにしておくことも肝要です。転職の成否を分けることも多い面接場面でも、なぜ転職するに至ったのかよく問われると思われます。

 

また、転職活動のモチベーションを高いレベルで維持するためにも、なぜ転職するに至ったのか、その理由をクリアにしておくことは肝要でしょう。

 

加えて、自分の職業人生を長い目で見ることも大切です。ケアマネージャーとしてどのような目標を描くのか、中長期的に考えることが必要でしょう。

 

以上、ケアマネージャーが就職してすぐに転職を考えた場合に、その転職活動をスムーズに進めるためのポイントをいくつか例示してみました。

 

ケアマネージャだけに限らず、転職をするということは、その人の職業人生に一定のインパクトを与え得ます。意味ある転職にするために、必要なポイントを押さえ転職活動に臨むことが大切になると考えられます。