新人の介護職が転職なんてできるのか?

 

離職率が高いと言われる介護の現場。就職したばかりの新人介護士が、他の事業所への転職を考えるという話をよく聞くことがあります。

 

ただ、転職をしたいと思っても就職したばかりで実際に一歩を踏み出すのには、多くの難しさが伴うものです。

 

私も介護福祉士として就職したばかりの老人保健施設から、就職半年後には療養型の病院に転職した経験があるため、いかに就職したばかりの介護福祉士が、他の事業所への転職を考えることが難しい事なのか、一定の理解はしているつもりです。

 

皆さんの転職活動の参考に少しでもなれば良いなという思いで、以下にいくつか私自身が感じた転職をうまく進めるためのポイントを挙げていくことにします。

 

初めにポイントになるのは、自分自身がどのような介護福祉士になりたいのか。

 

そのためにはどの領域でどのような実践を積むことが望ましいのか、要するに専門職としての将来設計をすることが大切になります。

 

次に、自分が転職の際に求める条件に優先順位を付けることが大切になります。

 

自分の希望する就業条件をすべて満たす事業所が見つかるのが一番ですが、それはなかなか難しいものだという事は、誰もが感覚的に分かることだと思います。

 

給与、福利厚生、業務内容、アクセスなど、自分が何に重きを置き転職するのか今一度考えてみると良いでしょう。

 

また、転職面接をしつかりこなすことも大切です。そのためには、自分の考えを言語化する能力にも一定磨きをかけておくことが望ましいと考えます。

 

それが苦手な方は、面接のロールプレイを繰り返すなど、何らかの面接対策を講じることが大切です。

 

ここまで、私自身が考える就職したばかりの介護福祉士が、他の事業所へスムーズに転職するためのポイントをまとめてきました。

 

介護の現場は実にやりがいがある現場だと思います。それぞれが自分のやりたい仕事を担うためにも、自分に適した事業所探しをすることが大切になるのは言うまでもありません。