逃げずに正面から向き合うことが新卒での転職には必要です

 

新入社員で転職を成功させるのには勇気がいりますよね。

 

まだ入社して間もない会社を辞めて、新しい職場に転職すること自体に負い目があるし、まわりの協力も得にくいものです。私自身、同じ経験をしたのでよくわかります。

 

成功させる秘訣は、あなた自身が抱えているその気持ちから逃げずに正面から向き合うことです。

 

まずは、自分が「入社して間もない会社を辞めた理由」は何だったのかをよく考えることからはじめましょう。ポイントはあなたが転職しようとしている会社の面接官を納得させることです。

 

もしも、自分が選択した最初の職場の職業が自分にあってないと思ったのが理由であれば「なぜ最初にそのことに気づけなかったのか」「準備やリサーチが足りないのではないか」と思われるはずです。

 

それが事実ならば事実として認め、同じことを繰り返さないようにしっかり考えて、十分な準備やリサーチを行った上で、そのことをアピールしなければなりません。

 

また面接官は、あなたが新入社員で転職をしようとしていることに対して「理想を追い求めてばかりで、新しい会社もすぐに辞めてしまうのでは」というイメージを持っていることもあります。

 

この点においても「自分は理想だけでここを選んだのではない」ということをアピールしなければなりません。

 

「同系列の会社を事前に何度も見学した」「同じ職種の別の職場で、ボランティアを行った」などという面接官を納得させる事実が必要になります。

 

一番行ってはならないのは、転職前の会社の悪口を並べ立てること。

 

例え転職前の会社がブラック企業だったとしても、人のせいにする新入社員に対して面接官がよい印象を持たないことは明白です。

 

確かに前の職場に問題はあったけれども「自分はここまで努力をし、こんなことを学んだ」という視点からのアピールが必要となります。

 

面接官が本当に知りたいのは、あなたが「同じように新しい会社でも文句ばかりいう社員ではないか」ということ。常に相手の立場に立って自分を見つめることが必要なのです。